Hatena::Grouphackathon

zrail (a.k.a. tobira17, h14i, ...) の Learning Log

2014-11-24

[]結局 rake.vim と bundler.vim 捨てた 00:03 結局 rake.vim と bundler.vim 捨てた - zrail (a.k.a. tobira17, h14i, ...) の Learning Log を含むブックマーク はてなブックマーク - 結局 rake.vim と bundler.vim 捨てた - zrail (a.k.a. tobira17, h14i, ...) の Learning Log

http://hackathon.g.hatena.ne.jp/zrail/20140905

の続きっぽい話。

結局この2つのプラギン捨てて、自前で適当なおーとこまんどを作った。

こういうファイルパスを集めてくるスクリプトを書くときは普通 glob(), globpath(), findfile(), finddir() 辺りを使うと思うんだけど、いい加減な知識と理解で vim script 書いているので色々ハマった。(前回の日記も filter() でハマってたな、そういえば…)

ちょっと使い方を整理したい。

上で言ってる autocmd は気が向いたら gist 辺りに貼るかも。


ちなみになんで自分で &path を設定したかったかっていうと、 gf と include completion をちゃんと使いたかったから。

例えば補完の場合、 rubycomplete は明示的に require してないファイルの扱いがイマイチなんだよねぇ。だから rails とか大きなフレームワークと相性が良くない。

インクルード補完は( &include と &includeexpr の設定を頑張れば)もうちょっと上手く候補を集められる。まぁオムニ補完と使い分ければ良い話なんだけど。

で、 rake.vim と bundler.vim は普通の Ruby なプロジェクトの構成ならある程度(というかかなり上手く)パスを集めてくれるんだけど、標準から外れるパスは全然だめ。

そんなわけで困ることが多かったんですよね。コマンドとかは全然使ってなかったし。